遅咲きファイターは頼れる兄貴分!

──では、試合デビューとプロデビューがほぼ同じ時期ってことですか?

 

阿仁鬼:そうですね。その試合が12月だったはずなので、札幌に来てからすぐに色々な試合に出たっていう感じですね。

銭函フリーファイトで全日本に行って、夏にはプロ修斗に出場してました。

 

──総合格闘技にはいろんな要素があるので、かなり熟練されないと簡単なものではないと思うのですが、できちゃったんですね?(笑)

 

阿仁鬼:結構簡単だったんですよ。今じゃ無理かもしれないですけど。

ちょうどその頃柔術も一緒に始めていて…。

出る試合出る試合勝ってましたね(笑)。

それまで打撃もやったことないし、もちろんグラップリング、柔術もやったことないし。

 

──それをやり始めてすぐに習得したってことですか?

 

阿仁鬼:そうですね。大体1年位でやりましたね。

 

──超人ですね(笑)

 

阿仁鬼:ハハハ(笑)

 

──信じられないです。毎日、かなり練習してました? 毎日毎時間?

 

阿仁鬼:ほぼ、毎日ですね。でも、日曜日は休みにしてましたけど。

 

──体は格闘技をはじめる前から出来上がっていたってことですよね?

 

阿仁鬼:そうですね。20歳位からやってたんで。

 

──1人でも筋トレや練習とか集中してやれちゃうんですか? 今も週一の休みでマルスで練習しているんですか?

 

阿仁鬼:そうですね。でも今はもう歳で体がボロボロなので、休み休みやれるときにやっています。

阿仁鬼の由来に迫る!

──リングネーム「阿仁鬼」の由来は何ですか?

 

阿仁鬼:元々、兄貴分っていう意味で、若い衆と一緒に札幌来ていた時に兄貴兄貴と呼ばれていたので、それに適当に当て字されただけですね(笑)。

パラエストラの代表がリングネームは阿仁鬼でいいんじゃない?って。

 

──いやー、予想はしていたんですけど、阿仁鬼っていう当て字がすごいなぁと思って(笑)。

戦歴についてなんですが、かなり試合に出られていて、ここ数年はGrachanのレギュラーメンバーかというくらい、たくさん出られているようなのですが。

 

阿仁鬼:元々はパンクラスに出てたんですけど、試合で三頭筋を怪我して、手術のために休んでいる間に呼ばれなくなって、それからはGrachanにたくさん呼ばれるようになったので出るようになりました。

 

インファイトを続ける気持ちの強さに迫る

──レギュラーメンバーでこれからもGrachanにずっと出続けるんですか?

 

阿仁鬼:まぁ、呼んでいただければそれに出るだけなんで。

 

──今までの試合の中で印象に残った試合や対戦相手ってありますか?

 

阿仁鬼:なんすかね。ちょっと前に戦った伊藤空也(禅道会)と言う若い選手がいるんですけど、その子ですかね。

TKOで負けちゃったんですけど、あれはぶん殴り合って相当気持ち良かったですね。

試合が終わってもしばらくの間、1週間位興奮が覚めませんでしたね(笑)。
※Grachan29で28歳年の差対決をした。

 

──アドレナリンがプッシュプッシュ出ている感じですかね(笑)。

私はつい最近の試合で、阿仁鬼選手がカットで包帯ぐるぐる巻きになった状態で試合の記念撮影をしている姿を見ていたんですけれど、かなり興奮されている様子を感じて印象に残ってますね。

 

阿仁鬼:逆転勝ちしたやつですね。結構逆転勝ちって多いんですよ。

1ラウンド目でやられて、2ラウンド目で逆転で勝つって。

 

──それって何でなんですかね?気力ですか?体力ですか?

 

阿仁鬼:なんか、1回入るパンチが入るとスイッチが入るんですよね。

今は試合が始まる前にスイッチを切り替えられるようにしていますけれど。

 

── 一発入ると変わりますよね。スイッチ入りますよね。

 

阿仁鬼:気を失ってからとかもスイッチ入ったりします(笑)

 

──私は阿仁鬼選手がKOをされた試合は観たことがないんです。

試合の印象としてはイケイケだなぁと。

左のパンチがグイーンと伸びて、バンバン当てていってKO勝ちしている印象です。

 

阿仁鬼:やるかやられるか、どちらかっていう試合が多いです。

今はスパっと決まる試合が多いですど、昔は塩漬けされて寝かされっぱなしの試合もありました。そういう時は大体負けてました。

 

──左強いんで当たったら倒れちゃうって、みんなわかってるから避けますね。研究されてますよね。皆さん、避けてますもんね。そりゃそうですね(笑)。

前に出てのインファイトというか…怖くないですか?

 

阿仁鬼:逆に行かないほうが怖いですね。受けるのはね。自分から殴りに行かないと怖いです。

 

──ファイトスタイルとしては、自分から仕掛けて一本勝ちKOでのパリッとした勝負って言う感じですか?

 

阿仁鬼:そうですけど、もうそろそろ年なんで考えないといけないと思ってます。頭のダメージも結構あるんでね。

 

──試合後にしばらくボーっとしたり、パンチドランカーだなぁという自覚があったりとかするんですか?

 

阿仁鬼:ボーっとしたりとかはないんですけど、酒を飲んでたり喋ってたりしているうちに、ろれつが回らなくて、あれっ!? と思うときはあるんですよ。

だから、もうそろそろ寝技とかで勝負するようにして、考えないといけないなと思ってます。