バックボーンを持たないオールラウンドファイター

──DVで防御上手くなるよね(笑)。他に背中を向けないとか、ずっと目を外さないとか、下手に足出したら持たれるから、出さないとかね。わかるよ(笑)。

自分自身でどんなファイトスタイルだと思う?

間宮: 俺、バックボーンがないんですよ。 空手、ボクシング、柔道とかやったことないですから。

そのまま修斗で総合格闘技に入ったんですよね。

 

──修斗始まりだったんだね。

 

間宮:だから、どっかが突出してるってとこがないんですよね。

よく言ったら万能型なんですけど、悪く言ったら武器がない。

どれも平均的っていう感じです。抜けてるっていうのがないんで。

 

──どれも抜けてるんじゃない?だから強いんじゃないの?(笑)

 

間宮: 相手に合わせたファイトスタイルでこなしているって言う感じだと思うんです。

それでなんとかするってのが多いかもしれないです。

いけるなって思ったらいく、みたいな。

結構、様子見るタイプかもしれないですね。相手の出方を伺って、それに合わせてこなして勝つみたいのが多いかもしれないです。

 

──やれちゃうんだ?そういうの。

 

間宮:ビビリなんで、ディフェンシブに戦ったりするのが多いんです。

だから、顔がボコボコになる試合は少ない。

ファイトスタイルは結構ビビリだと思います。

様子見ながらロケットダッシュみたいのはできないすね。アグレッシブな感じにはできないです。

 

── でも、今までの戦歴では1本勝ちで半分以上勝ってる感じだよね。

 

間宮:どうですかね。プロ合わせて半々位ですかね。

今、自分で試合出たいって言ったことなくて、格上の選手を当てられてそれに出るっていう感じですね。

(試合に出ないで)見てもらえないっていうのはもったいない。 北海道は格闘技をやっている選手の絶対数が全国に比べて少ないし、試合も少ないから、仲良くお互いにうまくやって切磋琢磨していかないと。

数が圧倒的に多くて強い関東勢には敵わないです。

 

次の対戦相手を分析

──対戦選手についての印象は?

 

間宮: 柔道ベースで抑え込んで、足関節を決めて、打撃でKOって両方できるバランスの良い選手だと思います。

寝技に自信がある選手でもあると思います。

同じくバランスのとれた選手だって言うことですかね。

俺が拳ぐらいの大きさだったら、小谷選手は(腕で大きな輪を作りながら)このくらい。

全部秀でて強い選手だと思います。キャリア的にも上ですし。

阿仁鬼さんと小谷選手は良くスパーしています。仲良いんです。

阿仁鬼さん、16オンスのグローブで殴られて肋骨を折ったり(笑)
小谷さん、パンチ力もあるんだなぁって(笑)

 

── 16オンスのグローブで?(笑)

 

間宮:体重80キロ近くて、パンチが重いんだと思います。

 

ベースは漁師!波乱万丈

──競技生活においてのターニングポイントって何かありますか?

 

間宮:漁師を7年位やっててたんですが。

 

その頃です。流氷が来ると漁が出来ないんで、年に3カ月位はお休みするんです。 その時期、積み立てしてたボーナスみたいな給料が100万円くらい貰えるんですけど、毎年その3ヶ月の休みに自分の車で全国を回って、札幌や旭川をまわったり、フェリー乗って山口県の方ぐるっと周りながら格闘技ジムのワンコインレッスンとか体験に通ったりしてたんですよね。

そういうところをめぐって基本を習って…というのを7年ぐらい繰り返して、行くとこなくなったから ムエタイやろうとタイに行こうと思いはじめたんです。

でも、高いお金だけ取ってムエタイの真髄は教えてもらえず、騙されるって話を聞いて…。パスポート取って、どうしようかと思っていた時に地下格闘技のKURUNCHの話が入ってきたんです。

自分のとこには詳しい情報は入ってこなかったんですけど。

前に行ったことがあるボクシングジムのトレーナーとかが集まる格闘技の首脳会議みたいなのがあって、その時に「毎年冬になったら現れる変な漁師知ってるか?」「力強いけどガッチャガチャやってるやつでしょ?いるいる。俺んとこも来たことある」って言う話をしていたらしく(笑)

 

──わはははは(笑)

 

間宮:そして、テスト受けてみないかっていう話が自分の時に来て、30〜40人の中から俺と健夫(マルスジム所属選手)が合格したんです。

それがきっかけで誰かに練習を見てもらえることになったんです。

それまで、サンドバック相手に殴ったりする位で、防御ってものを教えてもらったことなくて、全部イメージでやってただけだったんです。

チームに呼んでもらえて、選考会に出られて、教えてもらえるようになりました。

見てもらえれば強いのは分かってもらえると思ってたんですけど、それまでは見てもらえる機会がなかったから。

最初、地下格闘技のアウトサイダーとか応募しようかなぁとも思ってたんですけどね。

 

──すごいねー。運命というか、引きが強いというか。運も実力のうちだしね。間宮君の志は高いから、チャンスを掴めたんだね。行動大切だね。

 

間宮:そうすね。まぁ、結果、見てもらえるようになったっていうだけなんすけど。

見てもらえなかったとしても格闘技を続けていたと思う。

こうやって今、マルスジムで見てもらって教えてもらえて良かったです。

──これは壮絶だし、中々ない面白い話だわ(笑)。

 

間宮:アウトサイダーあるよーとか教えてくれる格闘技好きな地元の先輩がいて、「俺のストーリーを書かせろ、本なんか書いたことないけど、生き証人なんだから俺に書かせろ。」って(笑)

書いちゃって下さいっつって(笑)

──プロ選手だし、良いんじゃない?試合の時に物販で売っても(笑)

 

間宮:そうすね。 今はお金かけなくてもNET配信もできちゃったりしますもんね。

 

──絶対、面白いよ。私も買う(笑)。やっぱりね、やる気があって頑張ってたから出会いがあったし、見ててくれる人がいたんだよね。

 

間宮:そうっすよね。ガッチャガチャだけど(笑)

 

──わはははは(笑) そうそう、ガチャガチャだけど、なんか頑張ってる奴いるって見ててくれたんだよ。

 

間宮:いやー。ほんとに良かったなって思いますよ。

一生懸命やってても見つけてもらえなくて埋もれてくやつの方が多い中で、見つけてもらえたんですから。

 

──運を運と気づけない人や行動起こせない人とかいるから、そこは行動を起こせたっていうことがすばらしいと思う。