PFCからFifhting NEXUSへ送り込む第一弾!

PFCが2017末のイベント「やれんのか2017」にて提携を発表したFighting NEXUS。

Fighting NEXUSの山田代表も会場を訪れ、電撃発表となった事が記憶に新しい。

日本だけにとどまらず韓国にも戦いの場を繋げ、精力的に大会を行い続けるFighting NEXUSとの提携試合第一弾として、5月6日に東京新宿FACEで行われるNEXUS初代バンタム級王者決定トーナメントにパワーオブドリームジムのDAIKI選手をPFC推薦、PODプロ契約選手として送り込むことが決定した。

それに伴い、DAIKI選手に独占インタビューを行った。

試合だけでは見られない、普段寡黙なDAIKI選手の素顔に迫る。

今の心境を語ってもらった

──まず、はじめに、今回NEXUSにデビューするにあたっての意気込みをお願いします。

東京での試合は初めてなので、デビューということで印象強く華のある勝ち方をデビュー戦でしたいですね。

──PODでは先輩方が東京でのデビュー戦を華々しくかざっていますが、どういう気持ちで見ていましたか?

やっぱり勝ってほしいという気持ちが大きかったので、それ以外は考えてませんでした。

──なるほど。大舞台に立つ先輩に嫉妬したりとかあったかと思いました(笑)

大好きな先輩なので嫉妬は1度もないですね!(笑)

──そもそも現在PFCフェザー級チャンピオン、DAIKI選手の弟、山本空良選手は小学生の頃から格闘技をはじめていましたが、DAIKI選手がその後しばらくしてから格闘技をはじめるきっかけはどういった経緯があったのでしょう?

何もしたいことがなかったんです。夢も何もなくて、暇で、ただただ来る日々に飽きてました。それがきっかけ?と言うのかはわかりませんが、何もすることがなかったから真剣に向き合う時間があって、格闘技の道へ踏み込めました。

師匠(父)の話題にも少し触れてみる

──師匠でもあり、父親の山本喧一会長からの喝があったのかと(笑)

喝は数えきれないほどあります(笑)

──しかし、暇な毎日に飽きてたから格闘技を夢にする道を選択するというのは、やっぱり環境の影響もあるのでは?

環境の影響ですね!弟もやってますし、父のジムもあるので、やるしかないと思いました!

──格闘技をはじめる前は、他のスポーツは何かしらやってたんですか?

バスケットボールとサッカーをやってました。

──今回格闘技でプロデビューという形になるわけですが、そちらではプロという道は考えなかったんですか?

DAIKI:サッカーでプロを意識したことは多少はありましたけど、中学でバスケに目移りしてやめました。両方とも部活程度だったので真剣にそういうことは考えたことありませんね。

プロ志望ではじめた格闘技

──では、格闘技ははじめからプロ志望ではじめたと?

はい!もちろんプロ志望です!

──人生のターニングポイントですね!

そーですね!一番大事な時期ですね!

──では、今回のNEXUSの件も即答でしたか?

即答でした!プロのトーナメントというのは最近知りましたけど、アマチュアのトーナメントかと思ってました!

──え?今知ったと?

Dい!プロデビュー戦というのも、このインタビューで初めて知りました!

──自身のプロとしての舞台だと思ってなかったと?(笑)

はい!はじめてのインタビューなのでデビュー戦なんだなと思いました。

──多かれ少なかれ、ファイトマネーや賞金が出るのはプロなわけで…優勝したら完全にプロですよ!
NEXUSで結果を出せばもっと大きななプロの舞台や、韓国TFCへの道のりだったり、その先にはUFCという世界最高峰の舞台もあるわけですから、そういった意識はもちろん持ってますよね?

持ってます!大きな舞台に進む過程など具体的なことはわかりませんが、トーナメントで優勝したら色々大きな道の選択肢が増えると思うので、とても楽しみで意識してます!

強気に挑む宣言!

──おお!優勝も見据えてるとは頼もしい!是非先に繋がるファイトを見せていただきたいです!
そこまでの志しであれば、NEXUSには北海道の選手には無い未知の部分、モチベーションやポテンシャルを持った選手が多いと思いますが、気負いは無いですね?

一切無いです!むしろ強い人と試合するのはとても楽しみです。強ければ強いほど相手に不足は無いと思うので、自分も強気でリングに上がります!

──では、NEXUSデビュー戦に向けてのテーマと、自分の得意なファイトスタイル、応援してくれるファンに向けてコメントをお願いします。

テーマはまず確実に初戦突破ですね。
自分の得意なファイトスタイルとしては
グラップリングが得意です。
まだまだ未熟な自分ですが、中央の格闘技関係者の方々に北海道が強いぞ!と思わせるような面白い試合してくるので応援よろしくお願いします!

──ありがとうございます!ではNEXUS戦、万全の体制で挑んでください!

はい!ありがとうございます!頑張ります。

北海道から中央への挑戦!

DAIKI選手のように北海道から中央の大会に出場できるチャンス自体を手にできる者は少ない。

渡航費をかけて北海道から選手を呼ぶほど、中央圏に選手が不足しているわけではないからだ。

むしろ余っているほどだ。

だからこそこういったチャンスが北海道の選手達に訪れた際には、何かしらの爪あとを中央に残してきてほしいと思う。

DAIKI選手も語るように、北海道には強い選手がいるというイメージを中央の面々に認識させ、今後北海道から送り込まれるであろう大勢の選手の先鋒として語られるような試合をしてきてほしい。

そして北海道の格闘技ファン達にはDAIKI選手を応援してほしいと思う。

EZO MMA MAGAZINEはこれからもDAIKI選手の動向に注目だ!

【Fighting NEXUS】初代バンタム級王者決定トーナメント

《大会概要》
【大会名】Fighting NEXUS vol.13 ~初代バンタム級王者決定トーナメント開幕~
【主催】ワンインターナショナル株式会社
【日時】2018年5月6日(Sun)  OPEN 11:00 START 11:15
【場所】新宿FACE
【チケット】VIP席 (最前列) 8.000円、S席(カウンター)8.000円 自由席6.000円
・ワンインターナショナル㈱(03-5330-5380)
・出場選手各ジム
・イープラス
・NEXUS ONLINE SHOP